フリーランスのデザイナーになる前に準備しておいた方がいいこと

会社から独立する前にいかに抜かりなく準備が完了でき、必要となる知識が蓄えられてるのかによって、成功と失敗が分かれてしまうと言っても過言ではないのがフリーランスです。

独立する時は慎重に

参入者が増えている事も相まり、競争率が高まっているからこそ独立や起業を目指している方は、計画的に物事を進めていかなければなりません。

 

フリーランスのデザイナー2

シチュエーションとして、とても熱意に溢れていて猛進したくなるのは仕方がないですが、お金の知識といったような現実的で地に足の着いた事柄も理解を深めておく必要があります。

退職する前にこれから個人的にお仕事を発注して頂けるクライアントが見つけられていたとしても、開業して間もない段階から安定的に収入が確保できる保証は無いです。

実際に事業を開始してみると、本業とは別の雑務や手続きなどに追われてしまい、しばらくの間事業がストップしてしまう恐れがあるので、業務に携わることができなくても生活が成り立たせられるように、お金の知識を今一度見直しているようにしてください。前もって行動できる方であれば、早い時期から事務所などの作業スペースの確保が完了しているものですが、自宅が一軒分増幅するような感覚なので当然光熱費が2倍になります。

実際に個人事業主になった方は、事務所を準備したものの出費における負担が大きくのしかかりすぎてしまい、私生活もオフィスの中で送るようになった方が多数居ます。

また、お金の知識として欠かすことができず、後回しにすると後々大きな後悔の念に駆られてしまうのが、サラリーマンの時にクレジットカードを作成しておくという事です。

フリーランスや自営業者などは作成時に行われる審査がクリアし難いので、新規取得ができない可能性が高いです。会社員よりも高額な収入が得られていたとしても、一時所得としてみなされてしまうので、申し込んでも不合格になってしまいます。

そして、事務所などの作業スペースの確保はこれから大勢の方々が訪れることを念頭に置いて計画していきます。