ロゴマークの作り方のコツ、デザイン

気持ちを一つにする時やまとまった雰囲気が欲しい時などにオリジナルの物が作られることがあります。デザインはイメージをして作成しますが、具体的にはシンボルマークとロゴマークを組み合わせたロゴマークを作成します。ロゴマークを作りたくても具体的な作り方が分からないと始めることが出来ませんので、段階を踏んで作成に取り掛かる必要があります。いきなりパソコンで作業を行うことは自分の思ったロゴマークを作ることが難しくなってきます。

 

丸や四角を簡単にかけてしまうパソコンはオリジナリティーにかけてしまいますので、手書きで良いです。まずロゴマークの方向性を考え、雰囲気を感じ何を目的に作るのかターゲットを決めます。そうすることでターゲットのイメージに合う単語やキーワードなどが浮かび上がってきます。連想される単語をターゲットからテイストを書き出し、もう一段想像を深めてキーワードを書き出します。出てきたワードを組み合わせターゲットのイメージからずれていないかの確認をし、連想するきっかけになるワードを切り出します。連想する言葉を書き出しますが物の名前や表現で良いです。

 

手書きでラフスケッチをしシンボルマークを手書きします。丁寧に書き込まなくても良いのでたくさん想像をしている物を書いた方が良いものが出てきます。パソコンでデザインの作成をし、ロゴマークの完成です。ロゴマークは手書きの味が出て素敵ですし魅力的な部分です。