パッケージデザイナーとグラフィックデザイナーの違い

広義では同じデザイナー

パッケージデザイナーやグラフィックデザイナーという呼び方をすると、まるで別の職業のように感じられてしまうかもしれませんが、明確な棲み分けがあるわけではありません。広義では双方共にデザインをする仕事であり、パッケージデザインの仕事だろうとグラフィックデザイナーが手掛けることもあります。言わばパッケージデザイナーというのは、パッケージを主に作ることをメインとした職業のことであり、一方のグラフィックデザイナーは、グラフィックの技術を備えた専門職と呼ぶことができます。要はいずれも肩書きのことで、パッケージを作ることに特化しているためにパッケージデザイナーと呼ぶこともあれば、グラフィックを得意としているためにグラフィックデザイナーを称することもあるのです。職業として区別するというよりも、専門分野を分かりやすく表現するための呼称とも言えます。

 

パッケージデザイナーの仕事

パッケージデザイナーとは

例えばパッケージデザインを手掛ける場合、特別な技術が無くてもデザインを作ること自体は可能です。そもそもパッケージデザインはその商品を魅力的に見せるためのもので、その手段はイラストや写真、文字などでも問題ありません。デザインを考える際には、商品の特徴やターゲットになる年齢層、ユーザビリティなどを踏まえつつ、消費者に興味を抱いてもらえるように工夫します。それらの一連の作業をするのがパッケージデザイナーと呼ぶことができ、極端なところ誰でも名乗ることができます。

 

 

グラフィックデザイナーとは

一方のグラフィックデザイナーは専門職ですので、特殊な技術を必要とします。グラフィックを手掛けるには立体の知識が必要であり、CADなども扱うことがあります。コンピューターを用いた技術を身に着けているのがグラフィックデザイナーですので、そうした技術を持たないパッケージデザイナーでは作れないデザインも生み出すことができるのです。無論、グラフィックデザイナーがパッケージデザイナーを務めることもありますから、冒頭でも述べたように双方に棲み分けはないのです。

フリーランスのデザイナーになる前に準備しておいた方がいいこと

会社から独立する前にいかに抜かりなく準備が完了でき、必要となる知識が蓄えられてるのかによって、成功と失敗が分かれてしまうと言っても過言ではないのがフリーランスです。参入者が増えている事も相まり、競争率が高まっているからこそ独立や起業を目指している方は、計画的に物事を進めていかなければなりません。

パッケージデザインには特にこだわろう

売れるパッケージデザインを考えていくにあたっては、その商品が売られている店頭に出向くことが必要です。店頭に並んでいる商品からは、多くのヒントを得ることができます。店頭に並んでいる商品を見ることで、明確な回答が見つかることも少なくありません。逆に言えば、それをせずにデザインすることから始めてしまうと、競合メーカーのターゲットになるデザインにたどり着くことは難しくなってしまうでしょう。売れるパッケージデザインは、店頭で競合のデザインに勝つことが必要なためです。

印刷物のデザインについての基礎知識

印刷物で重要になるのは、形や大きさですが、そのもののデザインも重要になります。例えば、本やパンフレットであれば、形は本来の形とは違った立体にさせることが難しいため、形や大きさの限界があります。ですが、表紙に使う絵や写真のデザインはとても重要になります。デザインが良ければ、中身を見てくれる可能性が高くなるでしょう。逆にデザインが悪ければ、中身を見てくれる可能性は限りなく少なくなります。

ポスティングチラシをデザインするときに心がけること

チラシデザインする際に必ず意識しておかなければならない事は、見込み客にとって捨てられないインパクトを考えてデザインをする事で、見ただけでしばらく記憶に残るようなデザインをするのが理想的です。また、消費する側にとっては一円でもお得な方が嬉しいですので、もしもポスティングチラシにお得な情報を載せる際は、そういった情報を前面に打ち出したチラシデザインにすると、ちょうどそれが欲しいと思っていた消費者には引っかかりますし、見込み客を取り込みやすくなります。

パッケージデザイン・ラベル制作依頼

商品などの各種パッケージデザイン企画

ポスティングチラシのデザイン制作

チラシ制作・印刷・ポスター制作

グラフィックデザインの制作・企画

デザイン制作とシネマグラフの制作